スポンサーリンク

2012年11月16日

トマトの効能

トマトはリコピンを多く含んでいるので、
抗酸化作用が強い食品です。

リコピン以外にも、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいます。

トマトは動脈硬化の予防によいとされています。

お肉と一緒に摂ると、
血液中の酸性を防ぎ弱酸性に保つことができます。

総合的な、トマトの効用は、
疲労回復、
がん予防、
動脈硬化の予防、
便秘予防、
活性酸素の除去
などです。

最近では、トマトジュースダイエットが有名ですね。

一日の摂取量600mlで、
毎食200mlずつ飲むだけだそうです。

とっても簡単ですね。

実は、私、このダイエット方法ではないのですが、
とってもお腹がすいたときに、
トマトジュースを飲んでいます。
そうすると、とっても腹持ちがいいんですヨ。

でも、ダイエットでやっているのではなく、
飲んだり、しばらく飲まなかったりなので、
痩せませんが……

ラベル:食材 健康
posted by ルンルン at 18:28| Comment(0) | 食べ物効能 | 更新情報をチェックする

お酢の効能

昔から、お酢は健康によいとされていますが、
どんなふうに、健康にいいのでしょうか。

お酢は血中コレステロール値を下げる働きがあり、
毎日15ミリリットル以上摂取することにより、血中コレステロール値が下がるとされています。

私も、悪玉コレステロール値が高いので、
リンゴ酢と水を適当に混ぜて、ペットボトルに入れて飲んでいます。

また、ダイエット効果もあるそうです。

健康的な体は、弱アルカリ性だが、現代の食生活は酸性体質になりやすい傾向があります。

酸性に偏ると、冷え性、疲労、血液ドロドロ、代謝が悪い、などの原因になります。

アルカリ性であるお酢を摂ることで、体をアルカリ性の体質になるようにすると、ダイエット効果が期待できます。

また、お酢にはカルシウムの吸収がよくなる働きや、
血糖値の急上昇を緩和する働き、
ビタミンCの破壊酵素の働きを弱める作用があるので、
お肌を若々しく保つ効果があります。

お酢を使った献立
・きゅうりとわかめの酢の物
・お酢と鶏肉の煮込み
・タンドリーチキン
  ヨーグルトの変わりにお酢を使う。
・南蛮漬け
・ピクルス

ラベル:健康 食材
posted by ルンルン at 17:30| Comment(0) | 食べ物効能 | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

話題のごぼう

巷では、ごぼう茶が騒がれていますが、
私も、ごぼうについて、調べてみました。

ごぼうに含まれている食物繊維が腸を刺激して、老廃物を排出するため、便秘改善によい。

鉄分を多く含み、貧血を防止する。

その他にも、
肥満改善
大腸ガン予防
動脈硬化改善
むくみ解消
高血圧改善/など
風邪予防
利尿作用などがあります。

ごぼう茶の作り方
1.水洗いをして泥を落とします
2.ピーラーでごぼうをささがきにします
3.半日天日で乾燥させます。
4.フライパンで10分煎る
5.これをお茶がわりに飲む

ごぼう茶が有名になったのは、
南雲クリニック院長の南雲吉則先生が、テレビ・ラジオ・書籍等で、ごぼう茶の効能を絶賛されているからです。

実は、私も南雲先生の書籍を購入しました。
なかなか、先生のおっしゃる通りの生活はできないものの、
ごぼう茶を飲むのは、真似できるかなと思いました。

ごぼうを使った料理
・きんぴらごぼう
・ごぼうサラダ
・けんちん汁
・豚汁
・鶏ごぼうの炊き込みご飯
・豚肉とごぼうの炒め煮
・ごぼうと牛肉の甘辛煮
・肉巻きごぼう
・ごぼう棒(ごぼうを棒状に切り、味付けし、片栗粉をまぶして、揚げる)
・レンコンとごぼうの炒め煮
ラベル:健康 食材
posted by ルンルン at 00:47| 食べ物効能 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。