スポンサーリンク

2012年11月16日

お酢の効能

昔から、お酢は健康によいとされていますが、
どんなふうに、健康にいいのでしょうか。

お酢は血中コレステロール値を下げる働きがあり、
毎日15ミリリットル以上摂取することにより、血中コレステロール値が下がるとされています。

私も、悪玉コレステロール値が高いので、
リンゴ酢と水を適当に混ぜて、ペットボトルに入れて飲んでいます。

また、ダイエット効果もあるそうです。

健康的な体は、弱アルカリ性だが、現代の食生活は酸性体質になりやすい傾向があります。

酸性に偏ると、冷え性、疲労、血液ドロドロ、代謝が悪い、などの原因になります。

アルカリ性であるお酢を摂ることで、体をアルカリ性の体質になるようにすると、ダイエット効果が期待できます。

また、お酢にはカルシウムの吸収がよくなる働きや、
血糖値の急上昇を緩和する働き、
ビタミンCの破壊酵素の働きを弱める作用があるので、
お肌を若々しく保つ効果があります。

お酢を使った献立
・きゅうりとわかめの酢の物
・お酢と鶏肉の煮込み
・タンドリーチキン
  ヨーグルトの変わりにお酢を使う。
・南蛮漬け
・ピクルス

ラベル:健康 食材
posted by ルンルン at 17:30| Comment(0) | 食べ物効能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。